HOME > カーボン・オフセットの現場に潜入する > あなたのATM利用が環境貢献へ! ~新潟・第四銀行の「グリーンATM」~

カーボン・オフセットの現場に潜入する

あなたのATM利用が環境貢献へ! ~新潟・第四銀行の「グリーンATM」~

あなたのATM利用が環境貢献へ! ~新潟・第四銀行の「グリーンATM」~

全国で取り組まれているカーボン・オフセットの取組をご紹介する「プロジェクト潜入企画」。
それぞれのプロジェクトをのぞいてみると、取り組んでいる人々の熱い想いやさまざまな“声”が聞こえてきます。
今回は、環境に関するさまざまな取組をしている銀行が新潟県にあると聞き、あるイベントへ参加することに。どのような方たちにお会いできるのでしょうか。そして、その取組とは…?
さぁ、行ってみましょう!

ATMを使うだけで環境貢献ができる!?

会場へ到着すると、資料を渡されました。そこには<第四銀行>とあります。
環境への取組に熱い銀行とは、第四(だいし)銀行だったのです。新潟県内を中心に121の店舗を持つ老舗銀行です。
今回は、第四銀行が「グリーンATM」という名のATMの運行を開始した、記念イベントのようです。
「グリーンATM」とは何でしょう…?

最初に登場したのは、お天気キャスターとしておなじみの、気象予報士の依田司さん。
活動の裏話のほか、この130年で地球の気温が約0.85度上がり、無対策のままだと4.8度も上がると言われていること、地球の直径を1.2mだと例えると地球を包んでいる大気の厚さはわずか1mmであることなどのお話がありました。
温暖化対策は「待ったなし」の状況だと知り、参加者は興味深そうに聞き入っています。

第四銀行の方のお話が始まりました。
「当行では、環境分野に取り組むお客様を支援するため、2010年から『だいしエコアクション』と題し、さまざまな活動をしてきました。
環境貢献につながるエコ系の金融商品の提供、県内の阿賀町で年に一度行っている『だいしの森づくり』という植樹や下草刈りの森林保全活動などです」

その『だいしエコアクション』の一つとしてスタートしたのが、『グリーンATM』だそうです。
「『グリーンATM』とは、省スペース・省エネを実現したコンパクト型のATMと、カーボン・オフセットを活用しているATMの総称をいいます」

なんと、お金の引き出しや振込などを行うATMに、カーボン・オフセットを導入したといいます。多くの人が頻繁に利用する身近な存在のATMが、環境貢献につながるとは画期的です。

導入の背景には県の積極的な取組があった

実は、新潟県は“カーボン・オフセット先進県”の一つ。
「カーボン・オフセットにまつわるさまざまな取組を、県として積極的に行っています」と話すのは、新潟県の県民生活・環境部 環境企画課 地球環境対策室室長の米田和弘さんです。

「新潟県では、CO2の排出について、90年比で6%削減しようという目標をたてました。それを実現するため、大きな柱として取り組んでいるのが、カーボン・オフセットです。2009年度から『新潟県カーボン・オフセット制度』を構築し、普及に取り組んでいます。
第四銀行さんは環境への意識がとても高く、環境省が策定した環境マネジメントシステム『エコアクション21(※)』の認証取得を目指す県内の事業者のサポートをするなど、環境貢献に積極的です。

今回、カーボン・オフセットを導入いただき、CO2の削減について自ら普及しようというお考えはすばらしいと思います。ぜひ県民の皆様に、『グリーンATM』を使っていただきたいです」(米田さん)
(※事業者が二酸化炭素や廃棄物等の排出量を削減するための環境目標を策定し、行動し結果を取りまとめ、評価する「環境経営システム」を構築し、運用・維持する取り組み。)

環境に「より貢献」できるATMとは何か

イベントが終わり、実際に「グリーンATM」を見に行ってみると、ありました!
「グリーンATM」であることを示すマークも貼られています。

どうしてこのようなプロジェクトが実現できたのでしょうか。
「グリーンATM」“仕掛人”である、第四銀行の3名の方たちにお話をお聞きしました。
営業統括部で副部長兼ニュービジネス企画室長を務める志田和浩さん(写真中央)、同部・同室の上席調査役の佐藤順さん(写真左)、同部の上席調査役の佐藤英典さん(写真右)です。

「導入のきっかけは、県のほうからお話をいただいたことでしたが、以前からカーボン・オフセットの存在は知っていました。札幌支店長だった時代に、お取引先にカーボン・オフセットに取り組んでいらっしゃる企業様がいたのです。
興味がありましたので、ぜひ取り組んでみたいと思い、環境面の担当者である二人に『ATMの新しい仕組を考えてみないか』と提案したところ、盛り上がったんですよ」(志田さん)

「実は当行では、環境配慮型のATMをつくろうと、2013年夏頃から準備を進めていたんです。CO2の排出をおさえる、省スペース・省エネの単独運行型ATMです。
ついに2014年夏頃にリリースできそうだと見通しがたった頃に、志田からアイデアを聞き、そのATMにカーボン・オフセットの仕組を加えてリリースすることになりました」(佐藤英典さん)

杉の木で2,800本分の吸収量をオフセット

一般にはあまり知られていませんが、従来のATMの設置面積は、お客様に見えないバックヤードの部分を含めると約10平米と大きく、相当の電力を消費するのだそうです。
そこで、駅や店舗などの中に設置するインストアのATMを中心に、できるだけ省スペースをはかり、1m×1.2mほどのコンパクトサイズが実現しました。メンテナンス時などに必要な専用ブースを持たない、電力消費をおさえたATMが実現したのです。

「省エネであることで、設置側の店舗様にも当行にとってもメリットがありますし、小さければ使いやすいところに設置できますのでお客様にとってもメリットがあります。三者にとって価値のあるATMだと考えています」(佐藤英典さん)

「グリーンATM」のカーボン・オフセットでは、ATMの稼動により排出されるCO2をオフセットしています。
さらに、対象ATMの台数増加に向けて、カーボン・オフセットの認証も取得することになったそうです。

「ATMの総消費電力から算出して、39.84tのCO2をオフセットすることになり、認証を取得しました。この量は、利用1件あたりのCO2排出量を20gとし、40年杉で換算すると、実に2,800本分の年間吸収量になります。
対象ATMは、2014年12月から大幅に拡大して22台になりました。メディアシップ、新潟駅、長岡駅など、利用件数の多いところが中心です。今後、28台(2015年3月の開始を含む)まで増える予定です」(佐藤英典さん)

CO2は、実際にはなかなか感じにくいもの。そこで第四銀行では、活動を伝えようとCO2の「見える化」にも取り組んでいます。
「各ATMの横には、<○月のCO2オフセット量 杉の木1.6本分(22kg)>などと、一ヶ月のCO2排出の成績表を貼り出しています。杉の木のほうがイメージしやすいだろうと思い、実は毎月、私が手計算をして作っています(笑)。今後はホームページでも公表していく予定です」(佐藤英典さん)
※27年1月現在ホームページへアップ済み
https://www.daishi-bank.co.jp/tenpo/atm_green.php

生まれたのは、環境貢献の好循環と温かい交流

クレジットでは、県内のクレジットから、佐渡市の「トキの森整備事業」と、「柏崎市ガス水道局における下水処理場へのバイオガス発電機導入プロジェクト」の二つを選んだそうです。

県内のATMで利用された分を、県内の環境貢献へとつなげていく。新潟県内で、新たに好循環が誕生したのです。

また、うれしい副産物も。2団体と交流が生まれているといいます。
「『トキの森整備事業』を行っている新潟県農林公社さんも、オリジナルで『CO2吸収林サポーターステッカー』を作っていますので、『グリーンATM』の一部にそのステッカーも併せて貼らせていただきました。

また、せっかくのご縁ですから柏崎市内のATMも対象に入れました。柏崎市は電気自動車などの環境の取組をいろいろされていて、数年後に認証を受ける予定だったそうですが、当行の話があったことから『単独で取組むより、うまくコラボレーションができたらいいですね』と、今のタイミングでご協力いただきました」(佐藤順さん)

「今後も交流を深めていければいいなと思っています」とにこやかに話す、佐藤順さん。
さらに、ある使命感についても教えてくれました。

「環境のためになるのはもちろんですけれども、新潟の地方銀行として、我々には地域を盛り上げていく使命があります。『グリーンATM』を通じていろいろな団体、人々と一緒に活動することは、地域の活性化にもつながるだろうと考えています」(佐藤順さん)

最後に、今後については「『グリーンATM』が県民の皆さんの支持を得られれば、将来的には対象エリアを拡大し、全県への展開も目指したいですね」と志田さんが話してくれました。

ATMの向こう側に広がる、豊かな自然環境。
近い将来、県内の多くの人がそれを実感できる日が訪れそうです。

株式会社第四銀行

〒951-8066
新潟市中央区東堀前通七番町1071-1

電話番号025-222-4111(代表)
ホームページhttps://www.daishi-bank.co.jp/
事務局について
お問い合わせ メールでのお問い合わせはこちら
カーボン・オフセットフォーラム
J-COFメールマガジンはこちら
Jリーグ×カーボン・オフセット